事業管理者挨拶

kanrisha

新年明けましておめでとうございます。新元号「令和」初めての年始に際し、小林市立病院を代表いたしましてごあいさつ申し上げます。

昨年1月より当院での分娩対応が再開され、およそ80名の妊婦さんが無事出産されました。宮崎大学医学部産婦人科学教室、県立宮崎病院産婦人科、西諸医師会および関係諸機関の多大なご尽力により、大きなトラブルもなく、将来を担う新しい「いのち」が誕生しましたことに心より感謝申し上げます。しかし依然常勤医一人体制で、すべての妊婦さんへの対応が不可能であることは変わりありません。ハイリスク症例は高次病院へお願いし、分娩数の制限も余儀なくされており、地域の皆様のご期待に沿えず誠に申し訳ありません。産婦人科医師の不足は未だ全国的にも改善の兆しが見えませんが、これまで以上に周辺高次医療機関との綿密な連携を構築し、引き続きスタッフとともに努力して参ります。

一方、昨年4月小児科常勤医1名が着任いたしました。宮崎大学医学部小児科学教室および鹿児島大学小児科学教室には以前と同様にご支援頂いており、休日診療の充実に加えおよそ月10日の準夜帯オンコール体制を整備できました。今後も時間外診療の拡充を目標に、関係諸機関のご協力が得られるよう交渉を続けて参ります。
さて、昨年は宮崎大学医学部医学科5年生17名が地域医療研修のため当地へ訪れ、また宮崎大学をはじめ10名の初期研修医が当院で研修しました。今後も西諸医師会および関係諸機関のご協力を頂いて充実した研修提供を目指し、当地域の喫緊の課題である内科診療体制整備のため、西諸医療圏で一緒に働いてくれる医師の「獲得」へ繋がることを心より期待しています。
本年も引き続きご理解とご支援を賜ります様、宜しくお願いいたします。


小林市病院事業管理者 坪内 斉志

 

略歴 鹿児島大学医学部 卒業

資格

医学博士
日本外科学会指導医
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
日本消化器外科学会消化器がん治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本麻酔科学会標榜医
日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
日本医師会産業医
臨床研修指導医

所属学会 日本外科学会
日本消化器外科学会
日本癌学会
日本癌治療学会
日本臨床外科学会
日本ヒト細胞学会
日本消化器癌学会
日本救急医学会
日本プライマリ・ケア連合学会